閉じる
すっぽんパイ

朝のお菓子 すっぽんパイ

朝にぴったりのひとくちパイ

日本のすっぽん・うなぎ養殖の元祖ともいえる浜名湖の服部中村養鼈場は、春華堂の地元浜松市にあります。
その起源は江戸・深川に遡り、伝統の露地養殖が脂ののった滋味深いすっぽんが育てられてます。
黄金色のすっぽん出汁と旨味を引き立てる鰹節、桜エビ、隠し味にグリュイエールチーズでコクと奥行きをプラスして、うなぎパイ職人がエナジー込めて仕上げました。

なぜ朝のお菓子?

イメージ写真

1961年、二代目社長 山崎幸一は「浜松ならではのお菓子を」という想いでうなぎパイを発売。うなぎパイに次ぐもう一つのお菓子として、浜名湖のうなぎと同じく盛んに養殖されているすっぽんを使ったお菓子づくりに尽力しました。
日々思案し続け、結果さまざまなすっぽんのお菓子を販売するに至りましたが、どれもうなぎパイほどの反響を得られず、2017年4月現在は「お菓子のフルタイム」という詰め合わせ商品に残るのみとなりました。
そんな状況の中、お客様からは改めて朝のお菓子を食べたいというお声を頂戴することも。「お客様からの熱いご要望にお応えしたい。」ということで、すっぽん菓子づくりは始まりました。
2015年に制定された「うなぎパイ職人師範制度」の初代師範 野末三知夫と、若きパティシエ2名が互いの知恵と手わざを出し合い、試行錯誤の末に完成。春華堂創業130年となる2017年、先代の想いを繋ぐにふさわしいお菓子として、新しく生まれ変わった朝のお菓子「すっぽんパイ」が登場しました!

イメージ写真

原材料のすっぽんスープは地元・浜松のもの

すっぽんパイに配合されているすっぽんスープは、浜名湖にほど近い服部中村養鼈場(はっとりなかむらようべつじょう)から。
すっぽん・うなぎの養殖の元祖ともいえる服部中村養鼈場の起源は、江戸・深川に遡ります。特徴である露地養殖は長年受け継いでいるこだわりです。加温養殖では通常1年半~2年ほどで出荷されるのに対し、本来の自然環境に基づいた飼育方法である露地養殖では、すっぽんが冬眠するため、飼育には3~4年かかります。11月〜3月の間、自然にすっぽんを冬眠させることによって、より養分を蓄える「旬」の時期が生まれます。時間と手間をかけることで、より脂が乗った滋味深いすっぽんが育つのです。

魚介だしに桜エビとチーズの味わい深さ

イメージ写真

すっぽんパイは、パイだけど甘くありません。
生地にすっぽんの出汁、かつお節、桜エビ、グリュイエールチーズを加えて、とっても味わい深くなっています。
魚介の旨味たっぷりで、ビールのおつまみにもなるのでお酒好きな方や甘いものが苦手な方にもおすすめ!
ひとくちサイズで食べやすく、忙しい朝のエネルギーチャージにもぴったり。
少量ずつの袋包装になっていますので、ちょい食べしたいときも活躍しますよ♪

原材料名:
小麦粉、バター、食用植物油脂、食用精製加工油脂、うるち米、水飴、日本酒、砂糖、牛乳、しょうゆ、すっぽんスープ、ナチュラルチーズ、桜えび、鰹削り節、食塩、鯖節粉末、昆布エキス、コラーゲンペプチド、乳清タンパク、粉末しろしょうゆ、クリーム(乳製品)、脱脂粉乳、調味料(アミノ酸等)、乳酸

アレルギー物質:
小麦、乳、えび、大豆、ゼラチン、さば

ご購入はこちら

朝のお菓子 すっぽんパイ 6袋入

朝のお菓子 すっぽんパイ 6袋入

1,620(本体価格:1,500円)

賞味期限: 製造日から80日
発送日: 3〜5日後
箱サイズ: 215mm×215mm×70mm

カートに入れる

  • NEW
  • のし可
  • ラッピング可
  • クール同梱不可
キャンペーン実施中!「栗むし羊羹」2017年生産分ご予約は8月15日17時まで
夏のギフトキャンペーン実施中!春華撰サマーコレクションを税込5400円以上ご購入で350円値引き。7月31日17時まで

オンラインメンバー

当サイトの商品は春華堂が運営する「nicoeオンラインモール」にてお買い求めいただけます。nicoeオンラインモールで会員登録をしていただくと、次回からお客様の基本情報をご入力いただくことなく、簡単にお買い物が可能です。

会員特典

BRAND

  • 春華堂
  • 五穀屋