カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

天然醸造のこだわり熟成味噌を使用

天然醸造のこだわり熟成味噌

使用する味噌は地場産を厳選。天然醸造・手づくりにこだわる、地元の「しきじ旬の郷」で3年以上熟成されたまろやかな田舎味噌を皮の生地に練り込みました。
静岡県西部地方の赤味噌は、もともと一般的な赤味噌よりも米糀が多く豊かな甘味があるのが特色で、特有の風味が繊細に生きた素朴なみそまんに仕上がりました。

北海道産小豆を使用した自家製餡

自家製餡

和菓子の命ともいえる餡を、極上の味に仕上げるために重要なのは、「使用する小豆の品質」と、「餡を作る職人の技」。
小豆は、北の大地の恵みを受けて、旨味をぎゅっととじ込めて育った北海道産のものを使用しています。
そして、これを熟練の職人が微妙な火加減、水加減を調整し、じっくりと炊き上げることで、ふくよかな香りとゆたかな旨味が自慢の餡が完成します。

ふたつのしあわせを同時に手に入れられます!

イメージ写真

ちょっと小腹がすいたとき、オフィスでほっとひといきしたいとき、おうちでまったりしたいとき。
お菓子を食べるときに一番はじめに迷うことといえば、「今の気分は甘いものか? しょっぱいものか?」ということではないでしょうか?
当店の田舎みそまんは、そのふたつを同時に叶えてくれます。
・・・なんて素晴らしいお菓子なのでしょう!(と、春華堂スタッフは思います。)
みそまんをまだ召し上がったことがない方は、ぜひ一度お試しください。
しあわせになれる瞬間を、田舎みそまんがお手伝いさせていただきます♪

歴史・文化的背景

みそまんは、静岡県西部・遠州地方の郷土菓子です。この地域にみそまんが広まったのは、鎌倉時代に禅宗が発展したのがきっかけとされています。禅宗では茶礼(されい)を重んじたため、茶の文化も発展。お茶請けの一つとして、中国から伝わった小豆を用いた饅頭が普及したことに始まるそうです。また、安桃山時代に千利休が茶席で用いた菓子のに「黒糖を使った黄金色の小さな蒸し饅頭」との記述があり、みそまんの原型はのちの利久饅頭だとも言われています。

みそまんという名前の由来は、その皮の色から。この色は黒糖によるものです。昔、遠州地方はサトウキビの栽培が盛んだったために饅頭に黒糖が使われるようになりました。当初は「茶まんじゅう」と呼ばれていましたが、茶席の客人が「味噌のような色だ」と言ったことから、いつのまにか「みそまん」と呼ばれるようになったそうです。本来、みそまんは味噌を使用しない黒糖饅頭が主流ですが、春華堂では独創性を求め、実際の味噌を使った饅頭として20年前に製造・販売を開始しました。

田舎みそまん

田舎みそまん

昔ながらのやさしい味

大豆と米、塩だけでつくり、天然醸造で3年以上熟成した田舎味噌がほのかに香る素朴な味。
職人がじっくりと炊き上げた、旨味ゆたかなこし餡も自慢です。

天然醸造のこだわり熟成味噌を使用

使用する味噌は地場産を厳選。天然醸造・手づくりにこだわる、地元の「しきじ旬の郷」で3年以上熟成されたまろやかな田舎味噌を皮の生地に練り込みました。
静岡県西部地方の赤味噌は、一般的な赤味噌よりも米糀が多く豊かな甘味があるのが特色で、特有の風味が繊細に生きた素朴なみそまんに仕上がりました。

小豆

北海道産小豆を使用した自家製餡

和菓子の命ともいえる餡を、極上の味に仕上げるために重要なのは、「使用する小豆の品質」と、「餡を作る職人の技」。
小豆は、北の大地の恵みを受けて、旨味をぎゅっととじ込めて育った北海道産のものを使用しています。
そして、これを熟練の職人が微妙な火加減、水加減を調整し、じっくりと炊き上げることで、ふくよかな香りとゆたかな旨味が自慢の餡が完成します。

ふたつのしあわせを同時に手に入れられます!

イメージ写真

ちょっと小腹がすいたとき、オフィスでほっとひといきしたいとき、おうちでまったりしたいとき。
お菓子を食べるときに一番はじめに迷うことといえば、「今の気分は甘いものか? しょっぱいものか?」ということではないでしょうか?
当店の田舎みそまんは、そのふたつを同時に叶えてくれます。
・・・なんて素晴らしいお菓子なのでしょう!(と、春華堂スタッフは思います。)
みそまんをまだ召し上がったことがない方は、ぜひ一度お試しください。
しあわせになれる瞬間を、田舎みそまんがお手伝いさせていただきます♪

歴史・文化的背景

みそまんは、静岡県西部・遠州地方の郷土菓子です。この地域にみそまんが広まったのは、鎌倉時代に禅宗が発展したのがきっかけとされています。禅宗では茶礼(されい)を重んじたため、茶の文化も発展し、お茶うけの一つとして、中国から伝わった小豆を用いた饅頭が普及し始めました。
安土桃山時代に千利休が茶席で用いた菓子の記録に「黒糖を使った黄金色の小さな蒸し饅頭」との記述があり、みそまんの原形はのちの利久饅頭だとも言われています。

みそまんという名前の由来は、その皮の色から。この色は黒糖によるものです。昔、遠州地方はサトウキビの栽培が盛んだったために饅頭に黒糖が使われるようになりました。
当初は「茶まんじゅう」と呼ばれていましたが、茶席の客人が「味噌のような色だ」と言ったことから、いつのまにか「みそまん」と呼ばれるようになったそうです。
本来、みそまんは味噌を使用しない黒糖饅頭が主流ですが、春華堂では独創性を求め、その名の通り味噌を使った饅頭として、約20年前に製造・販売を開始しました。

天然醸造のこだわり熟成味噌を使用

天然醸造のこだわり熟成味噌

使用する味噌は地場産を厳選。天然醸造・手づくりにこだわる、地元の「しきじ旬の郷」で3年以上熟成されたまろやかな田舎味噌を皮の生地に練り込みました。
静岡県西部地方の赤味噌は、もともと一般的な赤味噌よりも米糀が多く豊かな甘味があるのが特色で、特有の風味が繊細に生きた素朴なみそまんに仕上がりました。

北海道産小豆を使用した自家製餡

自家製餡

和菓子の命ともいえる餡を、極上の味に仕上げるために重要なのは、「使用する小豆の品質」と、「餡を作る職人の技」。
小豆は、北の大地の恵みを受けて、旨味をぎゅっととじ込めて育った北海道産のものを使用しています。
そして、これを熟練の職人が微妙な火加減、水加減を調整し、じっくりと炊き上げることで、ふくよかな香りとゆたかな旨味が自慢の餡が完成します。

ふたつのしあわせを同時に手に入れられます!

イメージ写真

ちょっと小腹がすいたとき、オフィスでほっとひといきしたいとき、おうちでまったりしたいとき。
お菓子を食べるときに一番はじめに迷うことといえば、「今の気分は甘いものか? しょっぱいものか?」ということではないでしょうか?
当店の田舎みそまんは、そのふたつを同時に叶えてくれます。
・・・なんて素晴らしいお菓子なのでしょう!(と、春華堂スタッフは思います。)
みそまんをまだ召し上がったことがない方は、ぜひ一度お試しください。
しあわせになれる瞬間を、田舎みそまんがお手伝いさせていただきます♪

歴史・文化的背景

みそまんは、静岡県西部・遠州地方の郷土菓子です。この地域にみそまんが広まったのは、鎌倉時代に禅宗が発展したのがきっかけとされています。禅宗では茶礼(されい)を重んじたため、茶の文化も発展。お茶請けの一つとして、中国から伝わった小豆を用いた饅頭が普及したことに始まるそうです。また、安桃山時代に千利休が茶席で用いた菓子のに「黒糖を使った黄金色の小さな蒸し饅頭」との記述があり、みそまんの原型はのちの利久饅頭だとも言われています。

みそまんという名前の由来は、その皮の色から。この色は黒糖によるものです。昔、遠州地方はサトウキビの栽培が盛んだったために饅頭に黒糖が使われるようになりました。当初は「茶まんじゅう」と呼ばれていましたが、茶席の客人が「味噌のような色だ」と言ったことから、いつのまにか「みそまん」と呼ばれるようになったそうです。本来、みそまんは味噌を使用しない黒糖饅頭が主流ですが、春華堂では独創性を求め、実際の味噌を使った饅頭として20年前に製造・販売を開始しました。

田舎みそまん

田舎みそまん

昔ながらのやさしい味

大豆と米、塩だけでつくり、天然醸造で3年以上熟成した田舎味噌がほのかに香る素朴な味。
職人がじっくりと炊き上げた、旨味ゆたかなこし餡も自慢です。

天然醸造のこだわり熟成味噌を使用

使用する味噌は地場産を厳選。天然醸造・手づくりにこだわる、地元の「しきじ旬の郷」で3年以上熟成されたまろやかな田舎味噌を皮の生地に練り込みました。
静岡県西部地方の赤味噌は、一般的な赤味噌よりも米糀が多く豊かな甘味があるのが特色で、特有の風味が繊細に生きた素朴なみそまんに仕上がりました。

小豆

北海道産小豆を使用した自家製餡

和菓子の命ともいえる餡を、極上の味に仕上げるために重要なのは、「使用する小豆の品質」と、「餡を作る職人の技」。
小豆は、北の大地の恵みを受けて、旨味をぎゅっととじ込めて育った北海道産のものを使用しています。
そして、これを熟練の職人が微妙な火加減、水加減を調整し、じっくりと炊き上げることで、ふくよかな香りとゆたかな旨味が自慢の餡が完成します。

ふたつのしあわせを同時に手に入れられます!

イメージ写真

ちょっと小腹がすいたとき、オフィスでほっとひといきしたいとき、おうちでまったりしたいとき。
お菓子を食べるときに一番はじめに迷うことといえば、「今の気分は甘いものか? しょっぱいものか?」ということではないでしょうか?
当店の田舎みそまんは、そのふたつを同時に叶えてくれます。
・・・なんて素晴らしいお菓子なのでしょう!(と、春華堂スタッフは思います。)
みそまんをまだ召し上がったことがない方は、ぜひ一度お試しください。
しあわせになれる瞬間を、田舎みそまんがお手伝いさせていただきます♪

歴史・文化的背景

みそまんは、静岡県西部・遠州地方の郷土菓子です。この地域にみそまんが広まったのは、鎌倉時代に禅宗が発展したのがきっかけとされています。禅宗では茶礼(されい)を重んじたため、茶の文化も発展し、お茶うけの一つとして、中国から伝わった小豆を用いた饅頭が普及し始めました。
安土桃山時代に千利休が茶席で用いた菓子の記録に「黒糖を使った黄金色の小さな蒸し饅頭」との記述があり、みそまんの原形はのちの利久饅頭だとも言われています。

みそまんという名前の由来は、その皮の色から。この色は黒糖によるものです。昔、遠州地方はサトウキビの栽培が盛んだったために饅頭に黒糖が使われるようになりました。
当初は「茶まんじゅう」と呼ばれていましたが、茶席の客人が「味噌のような色だ」と言ったことから、いつのまにか「みそまん」と呼ばれるようになったそうです。
本来、みそまんは味噌を使用しない黒糖饅頭が主流ですが、春華堂では独創性を求め、その名の通り味噌を使った饅頭として、約20年前に製造・販売を開始しました。

  • <div class="detailTopComment outer">

田舎みそまん 2ヶ入

田舎みそまん 2ヶ入

237円(税込)
のし× ラッピング× 常温
数量:
商品記号:1033

天然醸造のこだわり熟成味噌を使用

天然醸造のこだわり熟成味噌

使用する味噌は地場産を厳選。天然醸造・手づくりにこだわる、地元の「しきじ旬の郷」で3年以上熟成されたまろやかな田舎味噌を皮の生地に練り込みました。
静岡県西部地方の赤味噌は、もともと一般的な赤味噌よりも米糀が多く豊かな甘味があるのが特色で、特有の風味が繊細に生きた素朴なみそまんに仕上がりました。

北海道産小豆を使用した自家製餡

自家製餡

和菓子の命ともいえる餡を、極上の味に仕上げるために重要なのは、「使用する小豆の品質」と、「餡を作る職人の技」。
小豆は、北の大地の恵みを受けて、旨味をぎゅっととじ込めて育った北海道産のものを使用しています。
そして、これを熟練の職人が微妙な火加減、水加減を調整し、じっくりと炊き上げることで、ふくよかな香りとゆたかな旨味が自慢の餡が完成します。

ふたつのしあわせを同時に手に入れられます!

イメージ写真

ちょっと小腹がすいたとき、オフィスでほっとひといきしたいとき、おうちでまったりしたいとき。
お菓子を食べるときに一番はじめに迷うことといえば、「今の気分は甘いものか? しょっぱいものか?」ということではないでしょうか?
当店の田舎みそまんは、そのふたつを同時に叶えてくれます。
・・・なんて素晴らしいお菓子なのでしょう!(と、春華堂スタッフは思います。)
みそまんをまだ召し上がったことがない方は、ぜひ一度お試しください。
しあわせになれる瞬間を、田舎みそまんがお手伝いさせていただきます♪

歴史・文化的背景

みそまんは、静岡県西部・遠州地方の郷土菓子です。この地域にみそまんが広まったのは、鎌倉時代に禅宗が発展したのがきっかけとされています。禅宗では茶礼(されい)を重んじたため、茶の文化も発展。お茶請けの一つとして、中国から伝わった小豆を用いた饅頭が普及したことに始まるそうです。また、安桃山時代に千利休が茶席で用いた菓子のに「黒糖を使った黄金色の小さな蒸し饅頭」との記述があり、みそまんの原型はのちの利久饅頭だとも言われています。

みそまんという名前の由来は、その皮の色から。この色は黒糖によるものです。昔、遠州地方はサトウキビの栽培が盛んだったために饅頭に黒糖が使われるようになりました。当初は「茶まんじゅう」と呼ばれていましたが、茶席の客人が「味噌のような色だ」と言ったことから、いつのまにか「みそまん」と呼ばれるようになったそうです。本来、みそまんは味噌を使用しない黒糖饅頭が主流ですが、春華堂では独創性を求め、実際の味噌を使った饅頭として20年前に製造・販売を開始しました。

田舎みそまん

田舎みそまん

昔ながらのやさしい味

大豆と米、塩だけでつくり、天然醸造で3年以上熟成した田舎味噌がほのかに香る素朴な味。
職人がじっくりと炊き上げた、旨味ゆたかなこし餡も自慢です。

天然醸造のこだわり熟成味噌を使用

使用する味噌は地場産を厳選。天然醸造・手づくりにこだわる、地元の「しきじ旬の郷」で3年以上熟成されたまろやかな田舎味噌を皮の生地に練り込みました。
静岡県西部地方の赤味噌は、一般的な赤味噌よりも米糀が多く豊かな甘味があるのが特色で、特有の風味が繊細に生きた素朴なみそまんに仕上がりました。

小豆

北海道産小豆を使用した自家製餡

和菓子の命ともいえる餡を、極上の味に仕上げるために重要なのは、「使用する小豆の品質」と、「餡を作る職人の技」。
小豆は、北の大地の恵みを受けて、旨味をぎゅっととじ込めて育った北海道産のものを使用しています。
そして、これを熟練の職人が微妙な火加減、水加減を調整し、じっくりと炊き上げることで、ふくよかな香りとゆたかな旨味が自慢の餡が完成します。

ふたつのしあわせを同時に手に入れられます!

イメージ写真

ちょっと小腹がすいたとき、オフィスでほっとひといきしたいとき、おうちでまったりしたいとき。
お菓子を食べるときに一番はじめに迷うことといえば、「今の気分は甘いものか? しょっぱいものか?」ということではないでしょうか?
当店の田舎みそまんは、そのふたつを同時に叶えてくれます。
・・・なんて素晴らしいお菓子なのでしょう!(と、春華堂スタッフは思います。)
みそまんをまだ召し上がったことがない方は、ぜひ一度お試しください。
しあわせになれる瞬間を、田舎みそまんがお手伝いさせていただきます♪

歴史・文化的背景

みそまんは、静岡県西部・遠州地方の郷土菓子です。この地域にみそまんが広まったのは、鎌倉時代に禅宗が発展したのがきっかけとされています。禅宗では茶礼(されい)を重んじたため、茶の文化も発展し、お茶うけの一つとして、中国から伝わった小豆を用いた饅頭が普及し始めました。
安土桃山時代に千利休が茶席で用いた菓子の記録に「黒糖を使った黄金色の小さな蒸し饅頭」との記述があり、みそまんの原形はのちの利久饅頭だとも言われています。

みそまんという名前の由来は、その皮の色から。この色は黒糖によるものです。昔、遠州地方はサトウキビの栽培が盛んだったために饅頭に黒糖が使われるようになりました。
当初は「茶まんじゅう」と呼ばれていましたが、茶席の客人が「味噌のような色だ」と言ったことから、いつのまにか「みそまん」と呼ばれるようになったそうです。
本来、みそまんは味噌を使用しない黒糖饅頭が主流ですが、春華堂では独創性を求め、その名の通り味噌を使った饅頭として、約20年前に製造・販売を開始しました。

商品情報

原材料名 砂糖(国内製造)、小豆、小麦粉、米みそ、還元水飴、しょうゆ、山芋粉、食塩/カラメル色素、膨脹剤
アレルギー物質 小麦・大豆・やまいも
賞味期限 製造日から15日
発送日 3~5日後
サイズ 袋:195×102×34mm

お支払い方法について

【クレジットカード決済】

クレジットカード決済

【コンビニ支払い(先払い)】

決済手数料 330円(税込)

コンビニ支払い(先払い)
  • ※入金確認後、通常3〜5日後に商品発送となります。配達指定日がある場合はご注意ください。
  • ※期限内に入金が確認できない場合はキャンセルさせていただくことがございます。

【AmazonPay】

Amazonアカウント情報を利用してクレジットカード決済および配送先選択ができるサービスです。
詳しくはこちら >

【PayPay】

PayPay株式会社が提供するキャッシュレス決済サービスです。
詳しくはこちら >

【代金引換】

ご注文金額に応じて代引手数料を頂戴いたします。
お支払いの代金総額は、当店からお送りする注文完了メールをご確認ください。

購入金額手数料
1万円未満330円(税込)
1万円〜3万円未満440円(税込)
3万円〜5万円未満660円(税込)
5万円以上代引き不可

【銀行振込】

お振込先
静岡銀行 浜松営業部 普通 1499342
有限会社春華堂(ユウゲンガイシャシュンカドウ)
  • ※入金確認後、通常3〜5日後に商品発送となります。配達指定日がある場合はご注意ください。
  • ※配達指定日がない場合の入金期限は、注文確定後2週間以内となります。
  • ※期限内に入金が確認できない場合はキャンセルさせていただくことがございます。

配送・送料について

【送料】

10,800円(税込)以上で送料無料

1配送先につき700円(税込)
(北海道・沖縄県は1,200円(税込))

  • ※1つの配送先にお届けする商品代金が10,800円(税込)以上になりますと1配送分の送 料・クール料金が無料となります。
  • ※複数の配送先にお届けする場合はそれぞれの配送料金をいただきます。
  • ※「常温」「クール(冷凍)」のように温度帯が異なる場合は、それぞれの温度帯の商品合計が10,800円(税込)以上のご注文で送料・クール料金が無料となります。
  • 常温クール便(冷凍)予約商品などご注文商品の組み合わせにより、別梱包でのお届けとなる場合は同時にご注文いただけません。お手数ですが別々にご注文ください。
  • ※クール便料金は配送料に加え別途220円(税込)頂戴いたします。
  • ※海外発送は承っておりません。

【配送業者】

ヤマト運輸

【時間帯指定】

  • 午前中
  • 14ー16
  • 16ー18
  • 18ー20
  • 19ー21

領収書について

お支払方法により領収書は異なります。

  • ・ クレジットカード決済
    カード会社発行のご利用明細書
  • ・ コンビニ支払い
    コンビニ発行の領収書(お支払時)
  • ・ Amazon Pay
    カード会社発行のご利用明細書
  • ・ PayPay
    弊社お客様係へお電話でご連絡ください
  • ・ 代金引換
    運送業者発行の領収書(商品配達時)
  • ・ 銀行振込
    金融機関発行の振込証明書(ネットバンキングご利用の場合は振込が完了した画面をプリントアウトしていただいたもの)

弊社発行の領収書をご希望の方は、まず弊社お客様係へお電話でご連絡ください。
お手持ちの領収書を弊社にお送りいただいた後、引き換えで発行いたします。

交換・返品について

食品という性質上、お客様のご都合による商品発送後の返品・交換はお受けいたしかねます。
万が一、商品に破損や不良があった場合、またはご注文内容と異なる商品が届いた場合は、お取替えいたします。商品到着後1週間以内に弊社までご連絡ください。

※商品には運送会社にて保管できる期限がございます(常温商品7日間 / 冷凍商品3日間)。保管期限までに商品をお受け取りいただけなかった場合は、商品は弊社へ引き戻し、商品代金・送料・決済手数料を請求させていただきます。

その他

お電話でのお問い合わせは受付時間9:00〜17:00

0120-60-5678

領収書について

お支払方法により領収書は異なります。

  • ・ クレジットカード決済
    カード会社発行のご利用明細書
  • ・ コンビニ支払い
    コンビニ発行の領収書(お支払時)
  • ・ Amazon Pay
    カード会社発行のご利用明細書
  • ・ PayPay
    弊社お客様係へお電話でご連絡ください
  • ・ 代金引換
    運送業者発行の領収書(商品配達時)
  • ・ 銀行振込
    金融機関発行の振込証明書(ネットバンキングご利用の場合は振込が完了した画面をプリントアウトしていただいたもの)

弊社発行の領収書をご希望の方は、まず弊社お客様係へお電話でご連絡ください。
お手持ちの領収書を弊社にお送りいただいた後、引き換えで発行いたします。

その他

お電話でのお問い合わせは受付時間9:00〜17:00

0120-60-5678